著者

これを書いているのは、辰井聡子です。現在は、刑法の教員として、立教大学法務研究科に所属しています。ご連絡は、大学またはツイッター経由でお取りいただくことが可能です。

Pocket