専門の罠

むかし小澤健二さんが「ありとあらゆる種類の言葉を知って何もいえなくなるなんて、そんなバカな過ちはしないのさ~」とうたっていて激しく共感したものだが、このブログを始めてみて自分もそうなっていることに気がついた。大変だ。

世間の目を気にして、専門の観点から言うべきことだけを書こう、と思ったのが大きな間違えであった。世間では、というか何らかの専門をもって世に出ている人々の間では、専門家として言えることしか言わないということが一種の美徳というか専門家の矜持というか専門家として責任のある態度であると思われている節があるが、間違っていると思う。

「専門家として言えることだけを言う」というのは、一般には、その専門領域において確立し承認されている命題や理論によって説明可能なことだけを専門家的真実と見なし、その真実だけを語るという態度のことである。震災後の原発事故のときに東大とかの原子力の人々が語っていたのが正にこの専門家の言葉で、私はあの統制の取れた専門家ぶりにある意味で感嘆したが、法学者もああいうのは大得意である(私はさほど得意ではないがある程度はできる)。

この種の「専門家的真実」は、存在意義はもちろんあるのだが、しかし非常に危険なものなので、取扱いには十分に注意しなければならない。

専門家的真実の危険である所以は、それが宙に浮いていて、誰かがその身体でもって真実性を保証するものではないところにある、と思われる。そういう形でなければ得られない真実というのもあるので、これは一定程度は必要なものである。しかし、とくに一般社会に対してこの立場から発言するのはほとんどの場合に適当ではない。理由は単純で、世界も人間も専門の観点から分けられるものではないからである。「専門の観点からはこうです」なんて言ったところで、本当に、何の役にも立ちはしない。

社会に対してなされる発言は(学術の場でも大体はそうではないかと思うが今回は措く)、発言する個人の人格(身体や日々の暮らしにおける実感)を通して出てくるものでなければならないと思う。そうすることで、どうにか、世界や人間に接続しうるだけの全体性というか統合性が得られるかもしれないから。もちろん、その発言は専門性によって正しさを保証されることはない(他方、専門的真実の危険さは、実はその場面では何の役にも立たないにもかかわらず、専門性によって正しさを保証されてしまうところにある)。正しさを担保するのは発言する人の身体であり生き方であり、だからこそ、妥協の余地すなわち議論の余地もあるのである。

もう一つ、専門家的真実には邪悪といってよいくらい危険なことがあって、それは、その専門家が良心的であればあるほど、「別に自分が言わなくてもよい」「自分にはいう資格がない」と思ってしまうということである。専門家的真実の探究にはきりがなく、世界との関連性を失ってどっか行ってしまったような「真実」も沢山あるのだが、そういうすべてを自分が見通しているということはないし、すべての先端に自分がいるということもない。そういうことを自覚していると、専門家として語ることなどはできなくなってしまう。

専門は、おそらく、学術という方法で世界に近づくための入り口、とっかかりでしかなくて、後は自分の人格を通してどこまで行けるかが勝負なのだろう。

ということで、これからは専門家として、という枠は外します。
(長い言い訳だったなあ。私もまだ大分世間に遠慮しているのだ。)

Pocket